SMAPの解散について 【めがねまる・40代】

SMAPどんずば世代なのでSMAPの解散は本当に残念でならないのですが、1つのグループが芸能界の第一線で何十年も問題なく一緒に仕事をしていくというのはとても大変なことだという大人の事情もとてもよくわかります。今思えば「世界にひとつだけの花」の歌詞は歌を作った槙原敬之さんのものすごい観察力が入っていたのかと思います。それぞれが皆ナンバーワンでオンリーワンなんだよというのは、まさにSMAPに捧げた曲なのではないかと私は思っています。そしてまたSMAPが1つに戻れそうになったのかもしれませんが、大人の事情はそうしてくれなかったのかもしれません。SMAPだけでなく一般人でもグループが集まると、その場にいない人の悪口を言ったり、噂話をしたり、悪いほうに誘導する人がいたり、仲間はずれにしたりといろいろあると思います。そういうことが大人のSMAPにもあってもおかしくはないと思うのです。グループの人気の絶頂にはいつか終わりがあります。キャンディーズやピンクレディーにも終わりがありました。でも皆、ファンの心の中で生き続けています。SMAPもそうであると思います。今は特にブルーレイやCDもクオリティーが高いですし、いつでもファンの心の中に若いまま残ります。
http://www.nakanoganka.com/

スマップの大切な人【マキア・40代】  

 職場の人間関係の難しさ、痛感します。
 芸能界の中でトップアイドルとして活動の幅を広げ、歌、踊り、芝居、司会、バラエティー番組とあらゆるジャンルの仕事を求められ、周囲の期待以上に応えてきたスマップのみなさん、画面を通して見るだけでは計り知れない努力や苦悩がおありだったと思います。
 個性ある一人一人の仕事やプレッシャー、心身の状態や疲労度を理解し、グループとしてのスマップの仕事のバランスを調整できる信頼していたマネージャーの退職がスマップの解散の一因になっているそうです。ビートルズの解散もマネージャーが変わったことにあり、芸能界におけるマネージャーの重要さがうかがえます。
 10代の頃から活動するスマップ5人のそれぞれの活躍や成長の中、方向性や気持ちの違いをくみ取りなだめてグループとして取りまとめていた唯一無二のマネージャーと愛情深いファンの方たちが共にこれまでにないアイドルのスマップに成長させたのだと思います。
 スマップ5人の個性と努力、彼らの活躍を願う愛情とマネージメント力とファンの力がこれまで築き上げてきたスマップとしての活動はは一旦停止しますが、彼らの功績やファンの感動が輝きを失うことはなく、またいつかスマップとして再出発することを信じています。http://www.mizo-buchi.com/