SMAPの解散について 【めがねまる・40代】

SMAPどんずば世代なのでSMAPの解散は本当に残念でならないのですが、1つのグループが芸能界の第一線で何十年も問題なく一緒に仕事をしていくというのはとても大変なことだという大人の事情もとてもよくわかります。今思えば「世界にひとつだけの花」の歌詞は歌を作った槙原敬之さんのものすごい観察力が入っていたのかと思います。それぞれが皆ナンバーワンでオンリーワンなんだよというのは、まさにSMAPに捧げた曲なのではないかと私は思っています。そしてまたSMAPが1つに戻れそうになったのかもしれませんが、大人の事情はそうしてくれなかったのかもしれません。SMAPだけでなく一般人でもグループが集まると、その場にいない人の悪口を言ったり、噂話をしたり、悪いほうに誘導する人がいたり、仲間はずれにしたりといろいろあると思います。そういうことが大人のSMAPにもあってもおかしくはないと思うのです。グループの人気の絶頂にはいつか終わりがあります。キャンディーズやピンクレディーにも終わりがありました。でも皆、ファンの心の中で生き続けています。SMAPもそうであると思います。今は特にブルーレイやCDもクオリティーが高いですし、いつでもファンの心の中に若いまま残ります。
http://www.nakanoganka.com/